三宮近郊のランチ・スウィーツ・パンのお店を開拓中!!!


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ブログ移転のお知らせ
いつも遊びに来てくれる皆様、コメントをのこしてくれる方々、ご訪問ありがとうございます。
突然ですが、ブログを移転することにしました。
FC2ブログは、画像のサイズを一つずつ直さないといけないので、記事を書くのに時間がかかってしまうんです。(単に、要領が悪いんだとおもいますが・・・)

移転先はコチラ→ ◎スキコト◎

中途半端になっているパリ旅行記は、新ブログにて続けていくつもりです。
(コメントをくれた方々には申し訳ないですが、こちらでアップした分は転載するつもりです。)

新ブログでお待ちしています♪
スポンサーサイト
【2008/10/17 18:57】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |
サダハルアオキからマルモッタン美術館へ~1日目②
シャルトルからモンパルナス駅に戻り、メトロで二駅ほどのところにあるこちらのお店に行ってきました~!
スウィーツの本場・パリで活躍されている日本人パティシエのお店サダハルアオキです。
最近、JR京都伊勢丹に出店されたという話を聞きましたが・・・ほんとのところはどうなんでしょう??

sadaharu_20081009134053.jpg

抹茶やゴマなど、日本の食材を使ったケーキが並んでいました。私たちがケーキを選んでいる間も、ぞくぞくと現地の人らしきお客さんが来ていたので、すっかり受け入れられているんだなぁと、ちょっと感慨深かったです。

私が選んだのは、ミルフィーユりんごのパイ桜のマカロンごまのマカロンです。確か全部で8ユーロくらい
sadaharu3.jpgsadaharu2.jpg
とにかく、ミルフィーユがめちゃめちゃおいしかったですー!パイ生地が全然しっけてなくてザクザクして・・・・できたてのような食感で、感動してました。
マカロンは、さくっふわっとした食感。軽いです。私の好きな食感とはちょっと違うかな・・・

寒空の下、お店近くの公園でケーキを食べた後
(パリでは、「食べ歩き」をしている人がめちゃめちゃ多かったです!バケットをかじりながら歩く、公園のベンチでパニーニを食べる、道路の中央分離帯のようなところにあるベンチでランチボックスを広げる・・・日本では、「行儀悪い」と眉をひそめられそうな行為ですが、フランスだと不思議と様になってる・・・気がします。カフェも、お店の外の席から埋まっていくと言いますし、これもフランスの国民性なのかもしれません。)
は、またまたメトロでマルモッタン美術館に向かいました。

マルモッタン美術館では、「印象派」の名前のもととなったモネの「印象・日の出」をはじめ、印象派画家の作品が展示してあります。
もちろん、私たちのお目当てもこの「印象・日の出」だったのですが・・・

なんと、額縁の清掃??かなにか(スタッフの人とのボディランゲージによる)で展示されていなかったんです
この美術館の目玉なのに・・・そんなことどこにも書いてなかったじゃーん
しかも、入館料も7ユーロから9ユーロに値上げされてて・・・大ショックでした。

美術館自体はこじんまりとしているし、パリ中心から少し離れているのでごった返していもいないし、よかったんですけどね。私の好きな印象派の作品ばかりだったし。でも、やっぱり不完全燃焼です。。

最寄り駅から美術館までの道すがらに、ヤマザキのカフェがありました!
お店をのぞいてみると、パリにどこにでもあるようなパン屋さんでした

パリが私たちが想像していたよりも寒かったこともあり、この日は7時前にはホテルに戻って暖をとっていました。一応、日本の11月くらいの服を用意していたのですが・・・そんなもんじゃなかったんです!
道行く人は、厚手コートにマフラーぐるぐるでした・・・・石畳なので、底冷えするんですよね。
4日目に今話題のH&Mでコートを買うまで、この旅は寒さとの戦いでもありました。
【2008/10/12 18:41】 2008☆PARIS | トラックバック(0) | コメント(7) |
シャルトルへ~1日目①
午前中に、関空からアムステルダムへ向け出発、港内に博物館まで備えたスキポール空港を経てシャルルドゴール空港に着いたのが夜の8時過ぎ。
それから、パリ中心部へのリムジンバス乗り場を探すのに一苦労、リムジンバスを降りてホテルを探すのに一苦労・・・

一夜明け、体の疲れはほとんど取れていませんでしたが、予定通りシャルトルへ向かうことにしました。

シャルトルへの第一の関門、それはモンパルナス駅で切符を買うこと!!
モンパルナス駅はおっきな駅なので、無事に切符が買えるか、乗り場へたどり着けるか、母と不安で不安でしょうがなかったです。
駅員さんに、「ここでは売っていない」(と、たぶん言っていた。フランス語なのでよく分からず・・)と、何度も別の切符売場に並ばされ、30分ほどかかってやっとチケットを入手することができました~
シャルトルまでは、SNCFという、国鉄のようなもので1時間ほどです。
フランスでは、25歳までの人は美術館などが割引になるのですが、このSNCFも割引が適用されました!
年齢確認のためにパスポートのコピーを用意していたのですが、見せろとは言われませんでした・・・アバウトですね。

これが、苦労の末ゲットした切符
kippu.jpg

シャルトルへ向かったのは、「青のステンドグラス」で有名なシャルトル大聖堂へ向かうため。
ステンドグラスがもっとも美しく輝くという正午前後に着くように調整したのですが、あいにくの雨模様で美しさ半減でした・・残念!
syarutoru2.jpg

シャルトルの町自体はとてもこじんまりとしていました。観光客もまばらでしたし、お店も少なくて、とても世界遺産を抱えている町とは思えなくらい・・!!
この町には、聖堂のほかに「ピカシェットの家」というみどころもあります。駅からちょっと遠いので、私たちは行きませんでした。

かわりに(?)、聖堂近くのお店で、この旅のファーストマカロンをゲット!
マカロンの種類は20種類くらいありました。
フレーバーを読むのに手こずりましたが、ココ、ピスターシュ、バナーヌをチョイス。
サクッねっちょりとしていて、大満足でした。
さすがフランス、こんなに小さな町のケーキ屋さんでも、マカロンのレベルは高かったです。
syarutoru4.jpg


syarutoru3.jpg
【2008/10/10 18:31】 2008☆PARIS | トラックバック(0) | コメント(0) |
機内食@KLM
パリ旅行から帰ってきて3日・・・ようやく落ち着いてきたので、少しずつ旅日記をアップしていきます。

今回は、日本旅行の飛行機とホテルのみがパックになったツアーで行ってきました。
ホテルは、「オペラ座周辺」を指定。基本プラン+1万円ほどでしたが、旅先での時間を買ったつもりで。ルーブルやオルセーも十分徒歩圏内だったので、賢い選択だったと思います。

飛行機やホテルが分かったのは、出発の10日前くらい。
エールフランスでの直行便を期待していましたが、KLMのアムステルダム乗換えになりました。
ちなみに、燃油サーチャージと空港使用税などで、二人で約12万円余計にかかりました。

ではでは、旅の概要はこれくらいにして、まずは機内食からご紹介~!

<関空→アムステルダム・スキポール空港>フライト時間11時間弱
食事1回目
和食・洋食
kinai1.jpgkinai2.jpg
和食は、ホテルオークラと共同開発したというだけあって、なかなかおいしかったです。洋食も、まずくはなかった。

食事2回目
kinai3.jpg
おやつが、「ヌードルorアイスクリーム?」だという情報は事前に入手していたので、この時間を楽しみにしていました!

食事3回目
kinai4.jpg
左側のコールスローサラダ?みたいなのがおいしかったです。

<アムステルダム・スキポール空港→パリ・シャルルドゴール空港>フライト時間1時間弱
kinai5.jpg
母に言わせると、「パンが粘土みたい」・・・・ごもっとも!!

<パリ・シャルルドゴール空港→アムステルダム・スキポール空港>
飲み物と軽食が出ました。いつ離陸したのかもわからないくらい眠りこけていたので(それでも機内食はバッチリゲットした)、写真を取る暇なく・・・

<番外編・スキポール空港にて>
paul.jpg
トランジットの待ち時間がお昼を挟んで3時間以上あり、おなかがすいてどうしようもなかったので、空港内で食べました。アップルとアーモンドのパイ。とてつもない大きさでしたが、おいしかったです!

<アムステルダム・スキポール空港→関空>
食事1回目
kinai6.jpg
機内食が選べるときは、同行者と違う種類をそれぞれ頼むようにするのですが、席が後ろの方だったこともあり、和食(鳥の照り焼き)は品切れしてしまっていました。これは牛肉のカレー煮込み?お米のぱさぱさ具合もサラダのドレッシングもおいしくなかった!

食事2回目
ヌードルorアイスクリーム。行きと違って、オランダ産?らしきものでした。

食事3回目
kinai7.jpg
暗くて見えづらいですが、左手前はパンケーキのフルーツソースがけ、奥は・・・エビの卵閉じ?右手前はヨーグルトムースでした。ヨーグルトムースは甘さが控えめでおいしかったです!

KLMはオンデマンドがとにかく充実していました。特に映画は、日本ではまだ公開されていないものまで見れました!
行きは、「セックスアンドザシティ」「幸せの1ページ」「最高の人生の見つけ方」
帰りは「ブーリン家の姉妹」「Kit Kittredge」「FORGETTING SARAH MASRSHALL」
と、寝る間を惜しんで映画三昧していました!

【2008/10/09 18:39】 2008☆PARIS | トラックバック(0) | コメント(2) |
モロゾフ
バイト中に差し入れとしていただきました!
モロゾフカスタードプディング栗のプリン

P1040121.jpgP1040124.jpg
カスタードプディングのほうが、キャラメルが濃い気がしました!
母が小さい頃からあるプリンらしく、飽きない優しい味だと思います。
栗のプリンは・・・ほのかに栗の香がしました。
栗の香を邪魔しないように、キャラメルの甘さが抑え目だった気がしますが、そこまで栗の風味が濃厚でないのちょっと物足りなかったかも。。

でもとにかく、秋は、いい季節です
【2008/09/24 18:35】 SWEETS☆洋 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。